内閣 府 地方 創 生。 会議・資料

地方創生

生 地方 内閣 府 創

👣 1兆円)• 人口減少を克服し、将来にわたって成長力を確保し、「活力ある日本社会」を維持するため、 「稼ぐ地域をつくるとともに、安心して働けるようにする」 「地方とのつながりを築き、地方への新しいひとの流れをつくる」 「結婚・出産・子育ての希望をかなえる」 「ひとが集う、安心して暮らすことができる魅力的な地域をつくる」 という4つの基本目標と 「多様な人材の活躍を推進する」 「新しい時代の流れを力にする」 という2つの横断的な目標に向けた政策を進めています。

16

まち・ひと・しごと創生

生 地方 内閣 府 創

💓 法人税の優遇措置などの課税の特例の適用 (租税特別措置法の適用 )• 東京での大学の新増設抑制には大学の経営の自由度を損なう恐れがあるとの意見が出ている。 セカンドサイトは、アナリティクスとテクノロジーを活用したサービスを提供する専門企業として、国内を中心とした企業のビジネス課題解決に向けて、人工知能(Artificial Intelligence、以下「AI」)の核となる機械学習やディープラーニングなど新技術の研究開発を行い、様々な業種・分野に対するアナリティクス・コンサルティングサービスと、それを動かすIT基盤やAIプロダクトを提供し、社会に貢献してまいりました。 第十二条の四『e-Gov法令検索』2015年12月26日閲覧• 第二十四条、第二十五条、第五十三条、第五十四条をもとに編集『e-Gov法令検索』2015年12月26日閲覧• 『まち・ひと・しごと創生本部Facebookページ』2016年11月11日• 政治の動向 [ ] まち・ひと・しごと創生本部事務局の看板掛けの様子。

9

地方創生に関する取り組み

生 地方 内閣 府 創

🙌 『水産庁>分野別情報』2015年12月26日閲覧• 第2期「まち・ひと・しごと創生総合戦略」の策定に向けて• に登録している高齢者のの延長など、高齢者の雇用の規制緩和 (の特例 、現在は全国展開 )• 地方創生推進交付金、地方創生加速化交付金など。 『日本経済新聞』2016年12月25日• 第二十四条の二『e-Gov法令検索』2015年12月26日閲覧• 起業直後の企業の人材確保を支援するため、が企業に転職したのち、再び国家公務員となった場合のの配慮 (の特例 )• まち・ひと・しごと創生• 第十四条の三『e-Gov法令検索』2015年12月26日閲覧• をもとに編集 『まち・ひと・しごと創生本部>施策等>地域経済分析システム(RESAS(リーサス))>RESASに関するお知らせ>RESASの操作や活用方法を学べるeラーニングを開講します』2016年11月20日閲覧• 『神戸新聞NEXT』2015年7月1日• 国の総合戦略の具体的な目標や展望については以下のとおり。 34 ~ 37 事例09 地域の利便性の向上 八王子市(東京都) P. データ分析・総合戦略の検討、事業化・事業推進、官民の連携などを学ぶ基盤編と、総合戦略の事業化、資金調達の各種手法、地域産業の振興などを学ぶ総合プロデューサー、観光・、地域商社、などについて学ぶ分野別プロデューサー、住民自治や交流について学ぶ地域コミュニティーリーダーの3種類の専門編がある。

地方分権改革・提案募集方式 取組・成果事例集(令和2年2月) : 地方分権改革

生 地方 内閣 府 創

😆 地方創生SDGs官民連携プラットフォームについて 内閣府では、SDGsの国内実施を促進し、より一層の地方創生につなげることを目的に、広範なステークホルダーとのパートナーシップを深める官民連携の場として、地方創生SDGs官民連携プラットフォームを設置しています。 をもとに編集『まち・ひと・しごと創生本部>関係法令・閣議決定等』2015年12月26日閲覧• 地方創生インターンシップ• 消費額:8兆円(2014年2. 14頁『まち・ひと・しごと創生本部>関係法令・閣議決定等』2015年12月26日閲覧• 外部リンク [ ]• 『日本経済新聞』2014年12月10日• 同年、地方創生推進交付金1000億円(事業費ベースで2000億円)や、総合戦略に関連する事業費として約6579億円など、合計で約1兆5500億円が盛り込まれた2016年度予算が成立。

17

地方分権改革・提案募集方式 取組・成果事例集(令和2年2月) : 地方分権改革

生 地方 内閣 府 創

👈 京都新聞2020年2月20日朝刊• 中心市街地活性化• 『日本経済新聞』2015年9月9日• 工場建設の際の敷地面積に対する面積率・環境施設の設置規制の緩和(地域経済牽引事業の促進による地域の成長発展の基盤強化に関する法律の特例 ) 構造改革特区 [ ] 官民の事業や経済活動が、古い規制により妨げられていることに対して、特区を設けることによって構造改革を進めることにより、地域の特性を活かした地域活性化の実現を目指して創設された特区。

地方創生

生 地方 内閣 府 創

🌏 をもとに編集 『地方創生推進事務局>地方創生カレッジ事業』2016年12月25日閲覧• 地域全体の観光戦略を、地域のホテルなどのや飲食店などと連携して一体的に行う「 日本版DMO」の整備の推進などが盛り込まれた。 第二十三条をもとに編集(2017年8月28日閲覧)• 全部移転 移転機関 備考 東京事務所 移転(2015年) 一部移転(研究機関等) 移転機関 都道府県 備考 ・ 連携拠点の設置、地方拠点の拡充 のメタボローム研究分野の研究拠点の設置 ・ 研究の連携拠点の設置等 新日本海水産振興センターの設立協力 山口連携室の設置(2017年) におけるロボットテストフィールド、国際産学連携拠点の設置 ・ 研究連携に向けた協議会の設置等 ・ 中部センター石川サイト、福井サイトの設置(2016年) 産総研・名大窒化物半導体先進デバイスオープンイノベーションラボラトリの設置(2016年) 産総研・九大水素材料強度ラボラトリの設置(2017年) 分野での研究連携拠点の設置 石川県 北陸ICT連携拠点の設置(2016年) 地方拠点の機能拡充、研究連携体制の構築 福井県 育種研究連携拠点の設置 科学技術ハブ推進本部関西拠点の設置(2016年) 京都府・広島県・福岡県 研究連携拠点の設置 等 愛知県・・ 連携拠点の設置、地方拠点の拡充 鳥取ナシ育種研究サイトの設置(2017年) 分室の設置(2017年) 技術力強化を図るための連携拠点の設置 山口県 西日本衛星防災利用研究センターの設置(2017年) 艦艇装備研究所 山口県 岩国海洋環境試験評価サテライトの設置 一部移転(研修機関等) 移転機関 都道府県 備考 ・富山県・福井県・ 研修の実施 富山県 北陸支部、アジア医薬品・医療機器トレーニングセンター研修所の設置(2016年) 石川県 工芸館の移転(2020年) 宇宙教育活動における連携 森林調査研修、森林立地研修の実施 岐阜県・ 木材産業・木材利用研修の実施 ・岡山県 体育学校の合宿の実地 鳥取県 基盤整備センター高度訓練開発室の移転 島根県 の行政官等を対象とした青年研修等の研修機能の一部移転 福岡県 北九州研修事業事務局の設置(2016年) 水俣研修事業事務局の設置(2017年) 「日本語パートナーズ事業」に係る一部機能の移転による研修拠点の設置 中央省庁の移転 移転機関 都道府県 備考 文化庁・・・ 京都府 の設置(2017年) ・・ 消費者行政新未来創造オフィスの設置(2017年)、新未来創造戦略本部への再編(2020年) ・ 統計データ利活用センターの設置(2018年) ・ 大阪府 工業所有権情報・研修館の近畿統括拠点の設置(2017年) 大阪府 中小企業政策調査課の設置(2017年) ・兵庫県 観光ビジョン推進地方ブロック戦略会議の発足 津地方気象台と研究会の共同設置 特区の活用 [ ]• をもとに編集『内閣府地方創生推進室』2015年12月26日閲覧• では、農業の多様な担い手を増やすために、農業に関わる特例を利用して、新規事業者による耕作放棄地の再生や農家レストランの運営。 地域働き方改革• をもとに編集『まち・ひと・しごと創生本部』2016年5月2日閲覧• 『日本経済新聞』2016年4月26日• 2頁をもとに編集『地方創生推進室>国家戦略特区>近未来技術実証特区検討会』2015年2月6日• 建築における、やの規制の緩和 (の特例 )• をもとに編集『内閣府地方創生推進室』2015年12月26日閲覧• 例えば人口流入策なら、一定期間の流入数や増加率のような、自治体自らが策定した具体的な数値目標を、が精査して交付額や対象事業を決定し、進捗状況を国や地域住民とともに毎年検証して、場合によっては見直しを求めたり交付の変更が可能と 、目標達成のために、具体的な数値目標を立て、その進捗状況を計測する「 (重要実績評価指標)」の設定や、「 」を確立するとともに、個々の事業において民間資金を誘発し、将来的には本交付金に頼らない自立した事業構築を促すとしている。

11

まち・ひと・しごと創生

生 地方 内閣 府 創

🤞 地方創生カレッジ [ ] 地方版総合戦略の事業展開に必要な人材の育成・確保のための。 大阪府では、民泊の申請受付が開始。

13